法律について

法律の必要性とはどこにあるのかと問いかけよう

まず、なぜ法律が必要なのか。
その答えはシンプルである。
みんなが守ることによって社会が成りたつからだ。
法律がなければ当たり前のようなこの社会は一瞬にして崩壊してしまうだろう。
信号機にしてもそうだ。
青だから進む。
黄色だから注意して進む。
赤だから止まる。
これが自分が行きたい時に行けば事故は多発し、車で歩くことは不可能だ。
誰もが自分が1番に考える世の中で、唯一決まりごと、つまり法律だけが私たちの中で同じ意見を持てるものなのだ。
法律があるから皆が最低限のことを平等にできる。
法律がなければ弱肉強食の世界はより一層強まるだろう。
違法の無法地帯と化すことは目に見えている。
ある意味、法律がなければこの世界はもうとっくに終わっているのかもしれない。
どんなにめんどくさくても、捕まれば社会から見捨てられる。
そうすれば明るい光が射した未来などまず訪れることはないだろう。
どこか、破りたいと思っていても破れないこの法律こそが、未来があると思える希望に過ぎないと私は思う。

Copyright© 法律 All Rights Reserved.